不要な不動産を処分する画期的な方法 |個人売買で不動産の売却をお考えなら不動産直売所

不動産直売所
  • Home

不要な不動産を処分する画期的な方法

1円でも売却ができない、賃貸もできないという不要な不動産を所有していると、固定資産税が毎年必ず発生します。管理できない土地は草木が生え、不法占拠・不法投棄されたりします。空家は火事・倒壊・盗難等のリスクがあります。マンションであれば管理費・修繕積立金等が必要で、何もメリットがないと考える方がいらっしゃいます。そこで、不要な不動産をどうしても処分したいと思っている方へ、画期的な方法をご紹介します。

本当に処分したい不動産でしょうか?

その不動産が、持ち主であるあなたにとって、何もメリットがないでしょうか。利益を生まず売却する価値もない不動産の処分であれば、お勧めできると思います。「タダでもいらない」という不動産は、処分出来ません。

不動産は名義を変えなければなりません。

不動産は、そう簡単に捨てることができません。なぜなら、「名義」があり所有者が決まっているためです。他人に所有権を移転しなければ固定資産税を支払続けることになります。

その不動産はお金を支払ってでも処分したいですか?

不動産を手放す方法は主に下記のものがあります。

1.2足3文の価格で売却
2.自治体へ寄付する
3.相続を放棄する
4. お金を支払って処分する

不動産を手放す方法

1.2足3文の価格で売却

1.2足3文の価格で売却
売れない不動産でもやはり処分する方法として売却するのが一番の方法です。
不動産会社をお願いすると仲介料等の諸費用がかかりますが安全です。

2.自治体へ寄付する

2.自治体へ寄付する
お金にはなりませんし、必ず寄付できるわけではありません。自治体に寄付することは公共の為に使われるため、気持ち的には良いことだと思います。ただし自治体が寄付を受け入れるには、寄付する側が、測量・境界確定の費用を負担してからなどの条件があります。

3.相続を放棄する

3.相続を放棄する
不要な不動産を所有して困っている人は、相続が多いです。遠方の家や土地など、一度も行ったことがない場所にあると大変です。その場合、「相続放棄」をしましょう。
相続放棄をすると、不動産を処分することが出来ますが、その他のメリットやデメリットがあるため、税の専門家によく相談してからするようにしましょう。
法廷相続人である人たち全員が相続放棄をし、不動産の相続人がいなくなった場合には固定資産税の支払い義務はなくなるのですが、土地の管理責任は放棄ができないことになっています。所有者のいない不動産は国庫に帰属されますが、土地の管理者は誰か必ずならなければなりません。また、新たに管理人を選任する場合は家庭裁判所に相続財産管理人の選任申し立てを行わなければなりません。(その際は予納金が必要で、相場はおよそ40〜100万円)その決定がなされるまで、相続人が不動産の管理責任者になります。

4.お金を支払って処分する。

4.お金を支払って処分する。
年間固定資産税の10年分と贈与税・不動産取得税・登記費用をあげるから、不動産をもらってください。という方法です。(別途弊社への手数料もかかります。)
なかなかこの条件でもらってくれる人を探すことは難しいですが、一つの方法です。

詳しくはこちら

どうしても不動産を処分したい方へ

PageTop