お役立ち情報|個人売買で不動産の売却をお考えなら不動産直売所

不動産直売所
  • Home

お役立ち情報

売るときに知っておきたいこと

こちらのページでは不動産を売るときに役立つ情報を掲載しております。
売却を検討する前に、「子どもが増えたので広い家がほしい」「転勤で引っ越さなければならない」「老後の為マンションに住み替えたい」など、まずは売却の目的を明確にしましょう。
ライフスタイルや家族構成の変化、環境、今の経済状況を見直す事で資金計画や売買の計画のイメージが掴みやすくなります。

売るときに知っておきたいこと

住まいを売るときの流れ

住まいを売る際には不動産業者へ依頼するケースがほとんどです。依頼する際には信用できる不動産会社を選ぶ事が大切です。不動産取引について何が重要なのかを知り、売買後にトラブルのない取引を実現させましょう。

住まいを売るときの流れ

不動産の買い換え時には購入と売却、どちらを先に行うか?

不動産の買い換えは、購入時期と売却価格についてどちらを重視するかを住み替えの事情を考慮し、検討する必要があります。転勤・転校などで期間が決まっている場合は購入時期、購入の予算制限が決まっている場合は売却価格を重視するのが一般的です。売却と購入の時期を調整する事が、買い換え計画の大きなポイントとなります。 また、不動産の買い換えには税制上の特例が適用される場合があるので、前もって確認しておく事で資金計画を立てる時に役立ちます。
購入を先に検討する場合 余裕のある資金計画が立っている事が条件になりますが、先に購入を検討する事で物件をじっくり検討できるメリットがあります。但し現在居住している家の売却代金を新居の購入に充填する場合は、売却価格が予想よりも低かった時にローンが残ってしまうなどのリスクもあります。
不動産の売却を先に行う場合 先に売却を行うので資金計画が立てやすい事がメリットです。売却価格に合わせて新居の購入を検討できます。但し売却の契約時、新居の購入が間に合わない時は、引き渡し時期を調整するか一時的な仮住まいを行う必要があります。
売却・購入を同時に検討する場合 売買を同時に行うのは、価格と時期のバランスを考慮しながら行わなければならないので3つの中では最も難しい検討方法になるかもしれません。
特に契約条件は相手方の意向にも左右されますので注意が必要です。

不動産の直接取引の流れ・注意点

不動産は不動産業者に依頼をしなくても直接取引が可能です。
不動産の直接取引にはメリット・デメリットがあります。購入後の瑕疵・書類の不備・重要事項説明書の確認不足などのトラブルが起きてしまう事もあるので、十分な注意が必要です。
直接取引の注意点
買主探し・広告掲載
不動産業者に依頼した場合は、不動産情報サイトの掲載料・チラシなどの宣伝は不動産業者の負担ですが、個人売買の場合はご自身の負担になります。また対応も行う必要があります。
トラブル時の対応
購入後の物件の不具合や、書類の不備、重要事項の確認不足などのトラブルが発生した際にはご自身で対応する事になります。また瑕疵保険の内容もよく確認しましょう。
必要書類の作成
売買契約書、重要事項説明書などを全てご自身で用意します。不備があると後々のトラブルになり兼ねないので、書類のみサポート業者に依頼するケースもあります。
不動産売却を仲介業者に依頼すると、仲介業者に支払う手数料が発生します。高い手数料が勿体ないので個人で売却したいと思う方も少なくはありません。
ですが実際に直接取引を行うとなると、広告の掲載や問合せ応対・書類作成・契約のやり取り等を自身で行うのでかなりの労力と知識を必要とします。
直接取引をお考えの方は、ご自身でどこまでできるかよく検討の上、取引を行う事が大事です。

不動産直売所をご活用下さい 不動産直売所は買主を探している方向けに、掲載無料・仲介手数料無料で不動産物件を掲載できます。不動産業者様もご利用可能です。
ぜひ当サイトをご活用ください。
物件掲載申込みはこちら>>>

直接取引の流れ

どうしても不動産を処分したい方へ

PageTop